健康な人の糖質制限について

糖質制限とは?

糖質制限とは、本来は糖尿病などインシュリンの代謝異常症に対して行われる治療法の一種です。具体的には主食や糖分を制限し、たんぱく質と脂質がメインの食事を行うことでインシュリンが過剰に分泌されるのを抑えます。

ご飯やパンなどの炭水化物は糖質と食物繊維で作られていますが、太る原因となるのは糖質の方です。糖質を摂取すると血糖値を抑えるために膵臓からインシュリンが分泌されますが、これはいわば余分な糖質を中性脂肪に変えるホルモンで、糖質を摂りすぎてしまえば余ったエネルギーが脂肪として蓄積されてしまいます。

健康な人ならダイエットにもなる

糖質制限をすることで糖尿病を治療していく以外にも、この方法は健康な人にとっては炭水化物を少なく摂ることでダイエット効果を期待することも出来ます。インシュリンの分泌を糖質の少ない食事で抑えていくのが本来の糖質制限の目的ですが、それはつまり脂肪を蓄積されにくいようにする効果もあります。

この方法でダイエットするには、健康体であっても体への影響を考えて決められたルールのもとで行う必要があります。ルールに従って行わないと、時には健康被害をもたらす危険性もあるので気を付けましょう。

糖質制限ダイエットのルール

方法は割とシンプルで、普段食べている食事から主食・糖分をカットします。具体的には肉・魚・大豆・野菜・チーズなどのおかず類を中心に食べるようにして、ご飯・パン・芋類などの炭水化物は少量に抑えます。たんぱく質と脂質がメインですが、ダイエット目的ならば主にたんぱく質メインで摂取していく方法が良いでしょう。

普通ダイエットというと「食べるのを我慢する」ということが基本になりますが、この方法では主食以外のおかず類は好きなように食べられるというところが変わっています。また、健康な人がダイエット目的で行うのであれば食事全体のカロリー量を計算しなくても済むのでとても楽です。

あくまで制限であることを忘れないで

ご飯やパンをいきなり0にすれば確かに即効性はありますが、それでは無理があります。この方法では0にするというよりも、あくまで主食を少なめに摂っておかずを多めに食べるということを意識します。主食を0にしてしまうと場合によっては、だるさやイライラなどの症状が現れてしまうこともあるので注意が必要です。

ダイエットは気長に続けていける方法が最適です。それを忘れないように、実行していても体にも心にも負担がかかりすぎない方法を見つけていくことが大切です。